FTCのプログラムバージョン履歴

★下の表はFTCプログラムバージョン一覧です。
★この表には代表的なバージョンを記載してあります。
★この表に記載されていないバージョンはFTC内部処理の変更です。

FTCのプログラムバージョンは以下の方法で確認できます。

1.FTCの電源をONする
2.LCD下段の右側に Ver.2.00a5 のごとく表示出ます。
説明

2.00aがバージョンです。

 

最新版ダウンロード

 最新版のダウンロードは廃止しました。
 最新版が必要な方はメールで当方に要求してください。
 FTCのバージョンアップに下記が必要です。
  ・Writer
  ・書き込みソフト

FTCプログラムリリースノート

日付

Version

内容

2002/3/1

2.00a

・FTC V2リリース
2002/3/14 2.01a ・内部処理変更
2002/3/28 2.11a ・メニューの”31:CI-V RX addr”の設定値を.CI-V の受信アドレスに設定できるよう変更
2002/4/12 2.12a ・FTC電源ON時ICOMトランシーバの周波数を自動で読み込むように変更
2002/4/18 2.13a .・ICOM 製トランシーバでSET動作に対応
2002/5/6 2.14a ・JRL2000Fと3000F接続時、ICOM製トランシーバでのAUTO TUNEに対応
・AUTO TUNEのモードをAMに設定
2002/9/17 2.20a ・TL-933サポート
・AUTO TUNEのモードをFMに変更
2002/10/30 2.20c ・TL-933制御の不具合修正
2002/10/31 2.20d ・TL-933でAUTO TUNEできるように修正(バーテックススタンダード製トランシーバ接続時はAUTO TUNE不可)
2002/11/1 2.21a ・MK-V使用時、ログソフトも使えるように変更
2002/12/1 2.21c ・FTCのPA SW長押でトランスバータを併用し親機が28MHz帯で50MHz帯をトラッキングできるように変更
2002/12/7 2.22a ・PC Logging ModeにHAMLOGとZLOG追加した
2003/2/19 2.31b ・FT920とFT100の対応不具合修正
2003/5/5 2.40a ・JST-145/245のサポート
・TS-570対応(TS570については動作未確認)
2003/6/8 2.54a ・対応LOGSOFTにWinx2追加
・CI-V TX ADDRESSの初期値を”5e”に変更
2003/7/4 2.55a ・初期タイプのJRL-2000Fでもトラッキングできるようにした
2003/7/11 2.56a ・JRL2000F、3000FのAUTO TUNE時トランシーバのモードをAM、FM(RTTY)の選択が出来るようにした
2003/7/26 2.60a ・FT1000に対応、但しこの機能を使用するにはFTCのボード改造も必要
・JRL2000FのPAがONのままAUTO TUNE実施後、PAがOFFになってしまうため、PAがONに戻るように変更
・TS950Emulateモード追加
2003/8/6 2.60b ・FT1000でAUTO TUNEを行った後、FT1000がTUNE前のモードに戻らない不具合修正
2003/12/23 2.67a ・IC775でもAUTO TUNEが出来るように変更、但しこの機能を使用するにはFTCのボード改造も必要
2004/4/5 2.69a ・FT-767に対応、但しこの機能を使用するにはFTCのボード改造も必要
2004/5/15 2.70a ・TS570で38400bpsが使える様に変更
2004/6/22 2.71a ・TS480に対応(動作未確認)

2004/9/13

2.71b

・YAESU無線機でまれに周波数が22MHz加算される事があるので対応した
・TS570の制御を一部変更
2004/12/12

2.80a

・JRC製オートアンテナチュナーNFG-230のコントロール可能にした
2005/5/21

2.81a

・VL1000使用時、FTCの電源ONで直前のバンドを記憶するため、運用バンドをシリアルEPROMに記録するようにした
2005/5/28

2.82a

・FTDX-9000のCATコマンドリファレンスマニュアルにしたがってFTDX-9000対応プログラム組み込み
・FTCのStartUpプログラムの書き換えを行った。
 →H8/3052のモード6に対応
2005/10/7

2.83a

・FTDX-9000の実機確認を実施し不具合修正
・TS950EmulateモードをTS2000Emulateモードに変更した
 →本モードでは下記トランシーバがTS2000相当のコンピュータコマンドを出力
  ・JST245,JST135
  ・FTDX−9000
・JRL2000F,JRL3000FのAuto Tune時のエキサイタPowerをFTDX9000のみ50Wに設定
2005/12/29 2.84a ・COMコネクタの9番(TRV)入力がLoのときにYaesu無線機の周波数取得コマンドを送信しないようにした。COMコネクタの9番にはYaesu無線機のTXG(RCAピンジャック)を接続し、FTCメニューの39:SelectTRV/TXGの設定を00:TXG enableにする。
・IC-PW1使用時、CI-VのRXアドレスをFTCのメニュー31番の内容を設定できるように変更した。IC-PW1にICOMの無線機が同時に繋がっているときに、FTC側の無線機操作でICOMの無線機が連動するのを防ぐ
・IC-PW1にCI-Vのコマンド01(モード)を追加
・FTDX-9000に限り、スプリット時に受信周波数のみでトラッキングできるようにした。(FTCのメニュー40番で選択)
2006/3/26 2.85a ・FTDX-9000とTL-933で使用時、TL-933のTUNE操作で、FTDX-9000のFSETをアクティブにし、キャリアがでるようにした。
2006/6/3 2.86a ・内部処理の変更(テスト用のTerminalモードの追加)
2006/9/10 2.87a ・FT-2000に対応
・2.85aの対応はFT-2000でも有効
2006/9/24 2.87b
2.87c
・2.86a,2.87aの不具合修正:JRL-2000FのTUNE操作時、無線機から自動的にキャリアが出ない不具合修正。
・FT-2000をAIモードで接続時(FT-2000 AIの設定)、FTCをマニュアルモードにしてもトラッキングする不具合修正。
2007/1/5 2.88a ・FTDX9000とFT2000でLogger32との併用を可能にした。
2007/3/25 2.89a ・CD-78(クリエートデザイン社3.5M、3.7M、3.8Mダイポールアンテナ)の5チャンネルカプラの自動切換え機能追加。
・本機能を使う場合は別途リレーコントローラ(オプション)が必要
2007/5/12 2.89b ・電源投入時にLCDに周波数表示が出ない事がまれに発生する件を対処
2007/6/17 2.90a ・FTDX9000でハムログとの併用を可能にした。FTC優先でのみ使用可能。FTCの設定変更不要。
2007/9/24 2.91a ・FL7000の動作確認完了。FTCのリニアアンプ選択肢にFL70000を追加
2007/10/25 2.92a ・FT847に対応。ログソフト併用時もFTCの変更不要。ハムログのみ併用動作確認。
2007/11/21 2.93a 2.89aでサポートしたCD78、アンテナセレクタ等の手動切り替え機能追加(無線機の周波数に関係なくFTCのスイッチで手動設定可能)
2008/3/15 2.94a VL1000のFSET 押下でエキサイタのキャリア出る機能追加
2008/4/30 2.95a ・80mのバンド拡張に合わせて、80mのバンドデータを5分割から9分割に変更
・40mのバンド拡張を見込んで、40mのバンドデータを4分割に設定可能とした
2008/5/30 2.96a ・20mのバンドデータを3分割に設定可能とした
2008/5/30 2.96b ・CPUにH8/3048F-ONEで動作するように対応した
2008/6/1 2.97a ・80mバンドの分割を 12chに拡張
2008/6/2 2.97b ・80m CH9のメモリ設定時、FTCのLCD表示ミス修正 3.7xxを3.6xxに修正
2008/7/1 2.98a ・ELECRAFT K2 評価版作成
・JRCリニアアンプTUNE時、ICOM無線機のPOWERコントロール追加。MENU No.88で設定可能
・FT2000用コントロールソフトPCC2000での評価完了
2009/2/10 3.00a ・Ver2.98aで追加したICOM無線機のPOWERコントロールのタイミングを修正
・リモートシャックを考慮し、パソコンと接続して以下可能とした
 JRL3000Fの操作パネルの機能を遠隔操作
 外部リレーのON・OFF制御(2点のみ)
2009/4/21 3.01a KENWOOD IF制御で、送信中に周波数の取得コマンドの送信禁止を追加。本機能を有効にするためにはFTCの改造が必要
2009/4/21 3.02a ICPW-1使用中に、ICPW-1側からの周波数データで、アンテナセレクタが動作するように変更
2009/6/6 3.03a Elecraft K2,K3 正式対応
2009/12/13 3.09a ・ICOMエキサイタの設定で、FTCからの周波数取得コマンドを送信できるようにした。
・トラッキング周波数にガードをかけた。
 メニュー番号99番で決定
  000:General Freq → 今まで通り
  001:Amateur   → FTDX9000 で送信可能な周波数
  002:Band Plan → H21.3.30付けアマチュア局バンドプランに準じた周波数
・1600KHz以下はトラッキングしないようにした。

2010/1/10 3.09b FTDX9000とFT2000のログソフト併用設定でも、リニアアンプのAutoTUNEを取れるようにした
2010/2/1 3.10a FTCがリニアアンプのトラッキングをディゼーブルしている周波数は MHz表示を −−− 表にした
2010/2/6 3.10b FT2000のAutoTUNE時にエキサイタのPOWERを設定できるようにした。
2010/6/3 3.11a リニアアンプの設定をICPW1に設定時、CI-V(ICPW1)からのcommand3とcommand4に応答する/しないをFTCメモリ100と101で設定可能とした。
ICPW1接続時は「応答」にすること。(この設定は特殊用途で使用します)
2010/10/11 3.12a KENWOOD TS590に対応した(制御は変更していないが、TS590接続時にTS590からのID番号でリグ名を表示できるようにした)
2011/6/23 3.14a 160mバンド3分割追加
2012/6/24 3.17a TS990接続時にTS990からのID番号でリグ名を表示できるようにした
2012/7/18 3.19a SteppIRをエキサイタとして使用できるようにエキサイタリストに追加した
2012/11/11 3.20b ログソフト併用モードにKENWOOD_LIMITTEDを追加した。HRD、Logger32等のAPLとの併用を可能にした
2013/1/22 3.22a KENWOOD_AI制御を変更し、エキサイタの電源がFTCより後にONしても制御可能とした
2013/8/18 3.23b FTDX90000の設定を無効にし、YAESU_AI、YAESU_IFを新設。FTDX9000以降のエキサイタに有効
2014/1/7 3.25c マイナーチェンジ実施
2014/2/17 3.25d YAESUエキサイタの通信エラー時の”Rig Error”メッセージをOEM関連製品版では表示しないようにした
2014/11/9 3.25e メモリNo.99で設定可能な周波数範囲の判定不具合修正。
2014/12/20 3.25f OEM向けの変更
2015/1/9 3.26a OEM向けの変更
2015/7/2 3.27a エキサイタの設定をKENWOOD_IFにした時の周波数ポーリング時間を600msecから200msecに変更
     
     

 

Commsend